大日本印刷 情報コミュニケーション事業の強化・発展に向けてグループ3社統合による新会社「DNPコミュニケーションデザイン」を設立

2016/9/30

大日本印刷株式会社(DNP)は、情報コミュニケーション部門のマーケティング・コミュニケーション事業の強化・発展を図るため、当事業に関わるグループ会社3社を統合した新会社「株式会社DNPコミュニケーションデザイン」を本年10月1日に設立し、営業を開始します。新会社は、下記3社の業務を統合し、新たな体制のもとで連携を深め、相乗効果を高めることで事業を拡大していきます。

今回統合する3社と主な業務内容

株式会社DNPメディアクリエイト

紙メディアを中心にカタログやパンフレット、各種セールスプロモーション関連ツールの企画・制作など。

株式会社DNPデジタルコム

WEBサイトの構築や各種アプリ・コンテンツの開発、自社のデータセンターを活用した大型システムの開発・運用など。

株式会社DNP映像センター

各種映像コンテンツの企画・プロデュース・製作など。

統合の背景と今後の展開

生活者は現在、新聞・雑誌・テレビ等のマスメディアに加え、スマートフォンやタブレット端末等の情報機器を駆使して、企業が発信する情報や他の生活者の評価など、情報の入手から双方向のコミュニケーションまで、多様なサービスを活用しています。それに対してDNPは、企業のマーケティング課題の解決や新しい価値の創出に向けて、紙とデジタルのハイブリッドに対応し、文字・画像から映像・VR(仮想現実)・AR(拡張現実)などの事業を、DNPメディアクリエイト、DNPデジタルコム、DNP映像センターの3社の専門性や機能を組み合わせて推進してきました。

今回、社会環境の変化が激しいなか、よりスピード感を持って横断的にさまざまなメディアを組み合わせた事業を展開していくため、これらの事業会社を統合した新会社を設立することとしました。今後は、より生活者視点に立った的確な情報収集と分析を行い、付加価値の高いマーケティング・コミュニケーション施策を迅速に提供する体制を構築していきます。DNPは、企業と生活者が求める情報を安全・安心、かつ効果的に提供できるよう、各メディアの企画・制作からシステムの構築・運用に至るまでワンストップで提供し、さらなる価値の提供と事業拡大を目指します。

DNPコミュニケーションデザインの概要

社名 株式会社DNPコミュニケーションデザイン
所在地 東京都新宿区市谷加賀町1-1-1
社長 川口 寛
資本金 1億円
従業員数 約1,700名
事業所在地 札幌、仙台、新潟、東京、柏、名古屋、大阪、広島、福岡
事業内容 クロスメディア企画・制作ディレクション、プリプレス及び画像・映像制作、WEBシステム企画、システム設計・開発、DNP 柏データセンター運用管理