多様性理解勉強会

DNPコミュニケーションデザインでは、人の多様性を理解し、コミュニケーションを基点としたユニバーサルデザインのあり方を研究しています。各界の多様な方々を講師としてお招きし、「多様性理解勉強会」を定期的に開催。ご講演・ディスカッションなどを通じて、さまざまな知見や気づきを深め合い、ユニバーサル社会の実現に向けて継続的に取り組んでいます。

第1回

講師

高橋純也様(全盲の視覚障害当事者)

プロフィール:小学3年生の時に、進行性の眼病「網膜色素変性症」と診断される。
2000年に企業に入社、2006年頃にはほぼ全盲となる。その後、視覚障害者向けのパソコン教室に通い、音声読み上げソフトでのパソコン操作技術を習得。
2007年からゴスペル、ブラインドサッカーを始め、勤務先のユニバーサルデザイン出前授業に参加。そうした中で、ユニバーサルデザインの考え方に共感し、ユニバーサルデザインコーディネーター資格を取得。現在は、そのスキルを活用して、障害による制限を感じることのない環境作りを目指し活動している。

高橋様(前列右から2人目)とDNPのメンバー

テーマ

「できない」という思い込みについて

講義内容

  1. 選択肢を持つということ
  2. 視覚障がい者が健常者をサポートする
  3. 自分で行うことの利点
  4. 見る・読む方法
  5. 「できない」ということへの思い込み
  6. 誤使用によるリスク

受講者感想

我々(健常者)の勝手な思い込みで、目の不自由な方(障がい者)だからと言って「あれができない、これができない」などを決めつけてはいけないと思いました。
また、高橋さんと高橋さんの周りの方(特に奥さま)との関係・繋がりが素晴らしいなと感じました。
たくさんの気づきを得ることができたと思います。それらを活かして、みんなの良い関係溢れる社会を作っていけるように頑張りたいと思います。

第2回

講師

山口智子様(聴覚障がい当事者)
NPO法人 実利用者研究機構 岡村正昭様

プロフィール:5歳で中途失聴。補聴器と口話法を使って健聴者と同じ学校で学ぶ。大学で初めて聴覚障がいを持つ人々と手話に出会い、自身の障がいと生き方について向き合い始める。メーカーでインターフェースデザインに従事する中で、もっと人の役に立ちたいとユニバーサルデザインコーディネーターの資格を取得。現在は、作り手と利用者、健聴者と聴覚障がい者の両方の視点を持ちながら、フリーで活動中。

山口様(右)と実利用者研究機構 岡村様(左)

テーマ

聴覚障がい当事者に聞く!印刷物の配慮について

講義内容

第1部:実利用者研究機構 岡村正昭様

  1. 一般的な聴覚障がいの方に山口さんがヒアリングした内容
  2. 山口さんの提供者の視点から、印刷物に配慮してほしいこと
  3. 聴講者(DNPの皆さま)の気付きや考えるヒントにつながるための日常生活での事例

第2部:山口智子様

  1. 聴覚障がいの子をもつ母親にヒアリングした印刷物の困りごとについて
  2. 印刷物で配慮してほしいこと
  3. 日常生活における聴覚障がい者当事者ならではの困りごとについて

受講者感想

日常だけでなく、緊急時の誘導方法や、そもそも案内するための印刷物がどこにあるかを案内すること、気づかせる方法が必要だと感じました。情報を伝達するだけでなく、情報にアクセスさせる方法、情報アクセスのしやすさについて、これからも考えるべきだと深く感じました。

第3回

講師

東京大学 先端科学技術研究センター 准教授
熊谷晋一郎先生

プロフィール:小児科医。新生児仮死の後遺症で脳性まひに、以後車いす生活となる。
東京大学医学部卒業後、病院勤務などを経て、現在は東京大学先端科学技術研究センター准教授。小児科という「発達」を扱う現場で思考しつつ、さまざまな当事者と共同研究を行う。

熊谷先生

熊谷先生とDNPのメンバー

テーマ

「当事者研究」について

[当事者研究]とは
障害や病気を持った本人が、仲間の力を借りながら、症状や日常生活上の苦労など、自らの困りごとについて研究するユニークな実践です。
当事者研究は統合失調症を持つ人々の間で行われ始め、徐々に、依存症や脳性まひ、発達障害など、さまざまな困りごとを持つ人々の間に広まりました。
熊谷先生は、当事者研究が持つ仮説生成と検証、グループ運営技法、回復効果という、3つの側面に注目し研究されています。

講義内容

  1. 医学モデルと社会モデル〜障害とは?障害はどこに宿るのか?
    可変性に対する合理的配慮について
  2. 社会と障害の共変化
  3. 自閉症向けの社会のデザイン
  4. コミュニケーションデザインの変化の方法論について
  5. 当事者にとって当事者研究に参加することが治療になる

受講者感想

これまでの自閉症の研究は、当事者ではなく、その周りの人を対象とした研究が多かったということです。
当事者の周りの人目線の意見を参考にしていることから、社会とのズレが大きくなっていることを学びました。
また、自閉症の症状も新たに知ることが多かったです。例えば、健常者よりも、カテゴリーを細分化する傾向にあること、そしてそれは、当事者を、追い詰める要素も持ち合わせていることを知ったときには、深く考えさせられました。「コミュニケーションは人と人との間に生じる」。これまで、個人の人柄だけでコミュニケーションを円滑にできると考えがちでしたが、この言葉を聞いて、はっとしたと同時に、納得できました。コミュニケーションは一人では行えないのです。

第4回

講師

NPO法人 カラーユニバーサルデザイン機構
伊賀星史様

プロフィール:CUDコンサルタント。
フォトグラファーを経て教科書制作に従事。
その後、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構でC型(一般色覚者)の検証担当者となる。生まれつき一側性難聴であり、見た目ではわからない障害のグレー ゾーンにあるところから、色弱者との共通点を感じ、日々視覚情報のUD化を推進して いる。

伊賀様(前列左から2人目)とDNPのメンバー

テーマ

「色弱」について

講義内容

  1. 色彩の持つ効果
  2. 色弱者とは
  3. 色覚のメカニズム
  4. 見分けにくい配色のデザイン事例
  5. デザインのカラーユニバーサルデザイン化
  6. カラーユニバーサルデザイン機構の活動報告

受講者感想

世界の中でも、日本は、カラーユニバーサルデザインに関する取り組みが先進的であるということ、体系化されているということを初めて知りました。また、バリアントールや色弱シミュレーションソフトは知っていましたが、スマホのシミュレーションアプリ「色のシミュレータ」は知らなかったので、さっそくダウンロードしてみたいと思いました。

第5回

講師

京都福祉情報ネットワーク 代表
NPO法人 視覚障害者パソコン・アシスト・ネットワーク(SPAN) 理事
視覚障害リハビリテーション協会 理事
園順一様

プロフィール:1946年 滋賀県生まれ。
日本電池株式会社、ソード株式会社、株式会社ヒューコムなどを経て
1995年株式会社ディーエスピーリサーチを設立。現在は非常勤。
50歳頃から目が不自由になり始め、視覚障害に関わる活動を始める。
ユニバーサル社会の実現に向けて、現在も精力的に各種活動をされている。

園様

園様(中央)とDNPのメンバー

テーマ

「ロービジョン」を考える

講義内容

  1. 視覚障害について
  2. 社会資源の活用
  3. 視野について考える
  4. 障害を助ける最新機器

受講者感想

視覚障害の方の中には、障害者手帳が配布されない方もいて、より我々や社会が協力的になり、理解する必要があると感じました。
また、視覚といわれると、「視力」だけにとらわれがちですが、「視野」の範囲も、視覚に大きな影響を与えることを、学ぶことができました。

第6回

講師

株式会社 ミライロ/一般社団法人 日本ユニバーサルマナー協会
堀川歩様

プロフィール:1990年、大阪府出身。心は男・身体は女として生を授かる。
幼少の頃から男の子が好むような服装や遊びを好んで育つ。高校卒業後は陸上自衛隊に入隊。任期満了後は自分の目で世界の現状を確かめる為に世界一周の旅に出発。帰国後、LGBTの人々の総合サポート事業を立ち上げる。
現在は株式会社ミライロの人事部長兼講師として、性的マイノリティの視点を活かした「バリアバリュー」な社会を実現するため、企業の人事や福利厚生制度のコンサルティングや企業、学校、行政に対しての研修や講演を年間100本以上行っている。

堀川様

堀川様(前列中央)とDNPのメンバー

テーマ

「LGBT×UD」について

講義内容

  1. LGBTに関する基礎知識
  2. 職場における対応マナー
  3. LGBTをUDの視点から考える

受講者感想

LGBTは一見わかりにくい面もありますが、一人一人を理解するという意味で、まさに、「多様性理解」の本質をついているかもしれないと思いました。
企業の人事や福利厚生制度について、今後はもっとLGBTも意識した制度づくりをすることが、働きやすさにつながるのでは、と思いました。

第7回

講師

株式会社 アトリエロングハウス
チェアウォーカーファッションブランド ピロレーシング代表
長屋宏和様

プロフィール:14歳からレースを始める。
2002年10月13日鈴鹿サーキットでのF1世界選手権前座レースで大クラッシュし、頚椎損傷四肢麻痺のチェアウォーカー(車椅子ユーザー)となる。
入院生活の後、 2004年12月5日に絶対無理と言われていたレーシングカートでレースに復帰。
指の使えないドライバーがカートレースに出場し、世界初の快挙をなしとげる。
2005年6月「障害者だって、いつも自分の好きな洋服を着たい」という思いからチェアウォーカーファッションブランド「ピロレーシング」を設立。
ユニバーサル社会の実現に向けて、現在も精力的に各種活動をされている。

長屋様

長屋様(前列中央)とDNPのメンバー

テーマ

「チェアウォーカー」について

講義内容

  1. 事故当時の思い
  2. 講演活動、ファッションブランド設立の背景
  3. オリンピック・パラリンピックにむけて
  4. 車いすでの生活
  5. 夢、目標について

受講者感想

「当事者意識」というものが何事においても大切だと再認識できました。
生活していて自分が、なにかに気づき、それを外に発信することが社会貢献につながる可能性があると思いました。自分の気づきを大切にしたいです。
「夢は届かないものでもいい、目標をコツコツ達成していくことが大切」という言葉がとても印象的でした。 

第8回

2017年2月1日(水)~3日(金) 東京ビッグサイト・東6ホールにて、 「インバウンドビジネス総合展2017」が行われ、DNPも出展しました。 その中で、多様性理解勉強会のスピンオフ企画として、<外国人>をテーマに、実際に外国人を招いて、パネルディスカッションを行いました。

セミナーの様子

DNPのメンバーとパネラー3名(左からエジプト、ロシア、タイの方)

テーマ

当事者(外国人)から見た日本に存在するボーダー

パネラー3名に、日本社会に対する想いや、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックを通じて、今後の日本に期待することなどを自由に話していただきました。
3名とも、日常生活においては、ほぼ問題なく過ごせているものの、言語含め、日本人の外国人に対する配慮・理解が及んでいないと感じることが多々あるようです。
2020年を控え、ますます多くの外国人が日本を訪れる中、今一度日本社会のあり方、一人ひとりの外国人・文化に関する理解について、考えさせられる貴重な機会となりました。

第9回

講師

NPO法人 エッジ 会長
藤堂栄子様

プロフィール:1953年、横浜生まれ。フランス、イタリア、ベルギーでの生活を経て帰国後、慶応義塾大学法学部政治学科卒業、その後星槎大学大学院修士課程修了教育学修士。2001年10月に、ディスレクシアの正しい認識の普及と支援を目的として、NPO法人 EDGE(エッジ)を設立。ディスレクシアに関する調査研究、コミュニケーションサポート、普及啓蒙、人材育成事業を日々推進している。

藤堂様

藤堂様(前列左から4人目)とDNPのメンバー

テーマ

ディスレクシア

「ディスレクシア」とは

発達障害の中で、LD [(learning difference, difficulties) 学習障害 - 読んだり、書いたり、計算したりするのが難しい]の中心的な症状です。

講義内容

  1. ディスレクシアについて~藤堂様の経験を交えながら~
  2. ディスレクシアと社会
  3. ディスレクシアと就労

受講者感想

周りの人からの指摘で、自分がディスレクシアだと気づくことがあるケースも多いと知ったときは、正直驚きました。障害を自分の「個性」として受け入れ、自分のやりたいことを実現させるための、環境づくりが大事だという言葉が印象的でした。また、企業側も、少しの理解でさまざまな人を受け入れることが可能になると感じた。見た目や雰囲気で判断せずに、まずは、その人自身を「知ること」、「対話すること」が大事だと思いました。

第10回

講師2名 対談形式

東京大学 先端科学技術研究センター 人間支援工学分野 特任研究員 博士(医学)
株式会社 Studio Gift Hands 代表取締役
三宅琢様

プロフィール:1979年、愛知県生まれ。2005年に東京医科大学、2012年に同大学眼科大学院卒業。2014年より東京大学先端科学技術研究センターに所属し、同年7月より、株式会社ファーストリテイリングの本部産業医として勤務する。
また、2012年よりGift Handsの代表となり、2014年より株式会社 Studio Gift Hands を設立。
視覚障害者ケア情報サイトを運営し、便利グッズの開発やアプリ紹介を行うほかにも、全国のApple Storeや盲学校、視覚障害者支援施設や医薬専門学校等でipadやiphoneを用いたロービジョンケアに関するセミナーや講演等を行っている。

株式会社ユニバーサルスタイル 代表取締役
NPO法人 日本視覚障害者柔道連盟 理事
初瀬勇輔様

プロフィール:1980年、長崎県生まれ。中央大学法学部入学後、弁護士を目指し勉学に励む。在学中に緑内障により視覚障害をもつ。失意の底にあったものの、高校時代に打ち込んだ柔道を再開することで障害に対する想いが変わり始める。
障害者の雇用や社会進出により貢献するため、2011年に株式会社ユニバーサルスタイルを設立。
並行して、視覚障害者柔道の選手として活動を続けながら、講演やセミナーを精力的に行っている。
2008年 北京パラリンピック90㎏級出場。2020年の東京パラリンピックへの出場を目指す。

ゲスト

第1回講師
高橋純也様(全盲の視覚障害当事者)

第2回講師
山口智子様(聴覚障害当事者)

三宅様(右)と初瀬様(左)

三宅様、初瀬様、高橋様、山口様(前列中央)とDNPのメンバー

テーマ

現在の日本における雇用、合理的配慮について

産業医の三宅様と視覚障害の当事者である初瀬様の双方の立場からの意見を語っていただきました。

講義内容

  1. 合理的配慮とセルフアドボカシー
  2. デジタルビジョンケアと神戸アイセンター
  3. バリアバリューとスポーツキャリア

受講者感想

日本は、ハードの面から、物事を考えがちであるという意見に、共感できました。障害者の雇用問題は、企業が、当事者本人のことを考えていないから失敗する、という意見は的確。「当事者目線」という考えが、多様性への理解に一番つながると思いました。また、初瀬さんが、オリンピックに出場した際、目が悪くなってよかったと思えた瞬間があった、というエピソードはとても印象的でした。

第11回

講師

一般社団法人 アプローズ 代表理事
光枝茉莉子様

プロフィール:東京都庁の福祉保健局に勤務(福祉施設等の監査部署で働く)、その後障害者施策の部署などへの異動を経た後、独立を考える。

東京都福祉保健局で8年間勤務し、日本の福祉を行政の視点で見てきた経験を生かし、特に障害者施策や福祉施設を担当していた経験をきっかけに、アプローズを設立。

「障害のある方が地域で暮らし、働き、自らの夢をかなえることを支援するため、法人自らも絶えず創造、挑戦し、ともに成長し続ける」ことを理念に掲げ、これまでにない新しい福祉の形を目指している。

障害のある方が実際に作った
フラワーアレンジメントを紹介する光枝様

光枝様(写真中央左側)とDNPのメンバー

テーマ

花を通じたウェルフェアトレードと
障害者雇用の可能性について

[ウェルフェアトレード]とは
「Welfare=社会福祉」と「Fair Trade=公正な取引」を掛け合わせた造語で、社会的弱者と呼ばれる人たちがつくる国内の製品やサービスを、適正な価格で購入・利用することによって、当事者の人たちが、働く喜びと生きがいを持ち、自立できることを支援する仕組みです。

対談内容

  1. アプローズ組織概要
    • ・施設紹介
    • ・活動内容
  2. 障害者雇用をめぐる現状と課題
    • ・事業所で働く障害者の工賃水準の低さ
  3. アプローズの目指していること
    • ・花を通じたウェアフルトレードの提唱
    • ・障害者の自立支援と工賃アップ
  4. 株式会社アンフィニテのご紹介
  5. アプローズとアンフィニテの支援の流れと目的

受講者感想

一番の驚きはB型事業者の平均賃金は時給換算187円で、月に14,838円しか支払われていないということでした。それ以外にも存在する、障害者と企業、お互いの雇用に対する課題に対して、一つの答えを出してくれるのがアプローズとアンフィニテのグループではないかと感じました。
障害者雇用の可能性について、「お花」を通じた素敵な角度からのアプローチについて、とても興味深く聴かせていただくことができました。

第12回

講師

公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 参与
西澤達夫様

プロフィール:DAISY(Digital Accessible Information System)/EPUBフォーマットのデジタル教科書・教材自動製作システムの開発に長く携わる。
2017年6月より公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会に所属し、現在は障害者のリハビリテーションに関する情報収集・提供をしている。

西澤様

西澤様(写真2列目中央右)とDNPのメンバー

テーマ

マルチメディアデイジーによる「読み」の支援

[読みの困難]について
健常者と読みが困難な方には文字を読む際の視線の動かし方に違いがあり、健常者が4~5文字に注視し、スラスラと読み進められるのに対して、読みが困難な方は“まとまり”をとらえることができず、1~2文字を見るため内容の理解が困難で時間もかかってしまう。また、文字がにじんだり、揺らいだりして見えるとのこと。

対談内容

  1. 日本障害者リハビリテーション協会について
    • ・事業内容
  2. 特別な支援を必要とする子どもたち
    • ・発達障害とは
    • ・読みの困難さとは
  3. ICTによる支援
    • ・現状の支援と、ICTによる読み書き支援の比較
  4. デイジーについて
    • ・デイジーで期待される効果(デイジーポッドの体験)
    • ・デイジー教科書の普及状況
    • ・デイジーの種類と特徴

受講者感想

読みが困難な方に見えている、文章のイメージが印象的でした。“まとまり”をとらえることができなかったり、滲んだり揺らいだりして見えるとのことです。
教育に限らず、生活するうえで何かを得ようとするとき、私たちは「理解して→ニーズと照らし合わせ納得して→欲しいと思う」といった工程を踏むと思います。そのため、商品には「説明」が添えられ、私たちはそれを「読む」。
工程の土台となる「読む」を、誰もが負担なく行えるべきだと思いました。それを叶えるマルチメディアデイジーが、今後、より普及してくれれば、と、西澤様のお話を聞いて思いました。
情報発信に関わる側としても、拡大の一助となれるよう努めたいです。