4K解像度コンテンツ

4Kに対応した超高精細・高画質のコンテンツをご提案します。

4K解像度とは?

4K解像度とは、画素数[3840×2160]という情報量の映像規格です。水平画素数が約4000あることから4K(K=1000)と呼ばれています。現行のフルHD[1920×1080]と比較すると4倍の面積となり、非常に高精細な映像表現が可能になります。

  • QFHDの場合の画素数

4K解像度とはのイメージ

4Kだから実現できる超高精細な映像コンテンツ

4Kが描き出す緻密な描写はまるで“本物”がディスプレイの中にあるような臨場感。近接で視聴しても画面のドットを感じさせることがないため、これまでは実現できなかった表現力・描写力で観る人の心をとらえます。

美しさを際立たせたい商品プロモーションや、迫力を出して注目を集めたい街頭映像、博物館や美術館の展示ディスプレイなどの用途で4K映像は効果を発揮します。

4Kコンテンツの制作はもちろん、4K高精細ディスプレイを提供するDNP部門と連携した体制で、4K映像制作をご提案します。

サービスに関するご質問・ご相談は、下記よりお問い合わせください。