生活者をひきつける【ARソリューション】

これまでAR(拡張現実)を利用した販促・広報活動には、「高コスト」・「長納期」というハードルがありました。DNPコミュニケーションデザインのARは、制作コンテンツの内容をパッケージ化することで、「低コスト」・「短納期」を実現するソリューションです。

ポイント1 画像認識型AR*

端末のカメラをかざすことで画像を認識し、コンテンツが表示されます。既に流通がされている紙媒体等に掲載されている画像を登録して、コンテンツを起動することも可能です。また、同一の絵柄であれば、紙でもWebでも媒体を選ばずに利用することができます。

  • *

    画像の種類により認識精度に差があるため、事前の検証が必要です。

ポイント2 ストリーミング型AR

ARアプリ自体にデータを埋め込む必要がないので、ユーザーがデータのダウンロードを意識せずに利用することができます。また、データはリアルタイムでダウンロードを行うので、任意でコンテンツの更新が可能です。

  • データの更新には別途制作期間と費用が必要です。

店頭

商品パッケージやダミー商品を使って商品詳細の説明やバリエーション等の確認を行うことができます。

用途例

「競合商品に埋もれない特徴の付加」
「定期更新コンテンツで再来店意欲増進」
「更新に合わせたリピート購入を促進」
「購入前に商品の疑似体験機会を提供」

展開例

パッケージからキャラクターが飛び出してきたら?店頭POPやレシピカードから商品の具体的な利用方法がわかったら?思わず見たくなる仕掛けで、買いたくなる気持ちを後押しします。

カタログ

カタログの紙面では表現できない内容(動画、音声)等を付加することができます。紙面を起点にするためユーザーにとってわかりやすいUI(ユーザーインターフェイス)となります。

用途例

「カタログ非掲載商品バリエーションを掲載」
「別アングル写真、内部構造など付加説明」
「商品選択のお手伝い」
「WEBショップへの誘導」

用途例のイメージ

イベント・キャンペーン

イベント会場にて、臨場感のある体験型のイベント企画が可能です。画像をSNSへ投稿してもらうことで口コミでの情報拡散を図ることもできます。

用途例

「エンターテイメント性でファンの醸成」
「土産によって商品情報接触機会増加」
「特別コンテンツによる販売意欲増進」
「WEB、リアルショップへの誘導」

マニュアル・教科書

設問に対する解答や考え方のヒントなどを音声や動画、CG画像を使って解説することができます。また、コンテンツの差し替えにも対応することが可能です。

工業製品などの動く構造説明書や、あらゆるアングルで見られる組立てマニュアルなどにもご活用ください。

用途例

「問題の解答を動画で平易に解説」
「ベース資料を掲載」
「白黒頁に美しいカラー写真を掲載」
「多方向から見られて理解を助ける」

展開例

彫刻の立体像を多方面から観察することで今まで良く分からなかった構造が理解できるようになった!

AR技術を活用したプロモーションの全体設計からコンテンツ企画・制作までワンストップでご提供。

「ARって最近良く聞くけれど、具体的な使い方がわからない。」
「スマートフォンやタブレットを活用した販促方法を検討したい」
「エンターテイメントは合わないから、ARは使い道がないのだろうか?」
「画像のつくり込みって時間もお金もかかりそうでちょっと・・・。」
「BtoB企業だからあまり関係ない気がする・・・」

サービスに関するご質問・ご相談は、下記よりお問い合わせください。