課題解決型の【ユニバーサルデザイン・ソリューション】

DNPコミュニケーションデザインのUDは、多くの人にわかりやすくという「企業責任(CSR)」だけでなく、わかりやすく改善することで、「販促効果」や「業務効率」を高める、課題解決型のソリューション・メニューを提供しています。

その課題、ユニバーサルデザインで解決します。

ポイント1 5つのステップで【見やすく】【読みやすく】【わかりやすい】情報デザインを実現します。

DNPコミュニケーションデザインの【UDコンサルティング】

このプロセスをPDCAサイクルで回し、さらなるスパイラルアップを図ります。

ポイント2 UDコーディネータ・エキスパートディレクターが、現状のメディア診断をコーディネートします。

UD課題発見メニュー

UD課題発見メニューのイメージ

課題発見メソッド各種

UDエキスパートレビュー

アイトラッキング調査

UD行動観察調査

UDエキスパートレビュー

UDコーディネータ・エキスパートディレクターによるヒューリスティック評価。
比較的迅速に取り組むことが可能で、現状のメディアが抱えるおおよその課題把握ができます。

文章表現レビュー

文字量の多い文章の文書表現上の課題を把握したい時に。
伝えるべきことが多い文章の全文を精査し、文章表現上の課題や改善箇所を洗い出します。

アイトラッキング調査

  1. 視線の位置(どこを)
  2. 視線の流れ(どんな経路で)
  3. 確認の時間(どのくらい)

を計測し、編集・デザイン上の表現課題を把握するクリエイティブ評価法です。

デプスインタビュー

対象者とインタビュアーが、基本1対1で対話をしていく市場調査における定性調査のひとつです。対象者の感情や本人の自覚をしていない意識までを汲み取り、行動の動機付けや対象者の思考そのものを理解・分析していくことを目的としています。

UD行動観察調査

ユーザーの実際の利用状況で調査分析を行います。ユーザーの「使いにくさの原因」を見つけ出す調査です。ユーザーの誤解を発見しやすく、改善に結び付けやすいことが特長です。

ポイント3 ユニバーサルデザイン、ユーザビリティの視点から評価し、改善の方針を策定します。

UD課題解決メニュー

UDコンサルティング/UDクリエイティブ/UDガイドライン

DNPコミュニケーションデザインでは、生活者の視点を重視し、様々なシミュレーションツールを駆使しながら、ユニバーサルデザイン(UD)コーディネータをはじめとした専門性の高いディレクターにより、UDコンサルティングおよび企画制作体制を構築しています。

カラーユニバーサルデザイン認証(CUD認証)

CUD認証を取得することで、色弱者などの多様な色覚を持つ方にも見やすい情報を提供できます。NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)に協力し、認証取得を支援・促進しています。

カラーユニバーサルデザインマネジメントシステム認証(CUDMS認証)

CUD認証を取得することで、色弱者などの多様な色覚を持つ方にも見やすい情報を提供できます。NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)に協力し、認証取得を支援・促進しています。

CUDOが開発した新しい認証制度。DNPコミュニケーションデザインは、その開発に協力し、印刷分野での第一号認定事業者として、CUDMS認証を行います。多品種の印刷物を短期間で認証することが可能です。

PDFファイルのイメージ

PDFデータは、プラグインソフトをインストールすることで閲覧できます。閲覧できない方は、リンク先のアドビシステムズ社のWebサイトで、インストール状況やソフトウェアのバージョンを確認してください。

お客様活用例

CASE.1 申込帳票の改善

UDエキスパートレビューとUDコンサルティングによる改善

UDエキスパートレビューとUDコンサルティングによる改善のイメージ

CASE.2 募集文章の改善

3つの視点(見える・読める・わかる)での評価分析を経たわかりやすさ向上施策

3つの視点(見える・読める・わかる)での評価分析を経たわかりやすさ向上施策のイメージ

CASE.3 図版の改善

CUDMSとUDコンサルティングによる改善

CUDMSとUDコンサルティングによる改善のイメージ

ユニバーサルデザイン視点での評価・改善の方針を策定します。

「現在の商品パンフレットはお客様にとって見やすいのだろうか?」
「色の使い方/デザイン/文字の大きさ/情報の構成/レイアウト/図式化/仕様/形状などは適切だろうか?」

サービスに関するご質問・ご相談は、下記よりお問い合わせください。