審査員紹介
Judge

  • フォトグラファー/アーティスト

    JulieWatai

    大阪府出身。24歳で単身イタリアに渡り、イタリアの美術出版社DRAGO&ARTSからフォトグラファーとして「SAMURAIGIRL」(2006)を出版。セルフポートレイト撮影を主としており、アキバ系クリエイターとしてオタク文化への功績は評価が高い。

    ガジェットや電子工作の世界に造詣が深く、ギークガールとしても名高い。

    新作品集「トーキョー・フューチャー・クラシック」(DU BOOKS)を2016年2月に発売したばかり。

    続きを読む

  • 株式会社日本百貨店 代表取締役社長
    群馬県桐生市 PR大使

    鈴木 正晴(Suzuki Masaharu)

    1975年神奈川県生まれ。1997年東京大学卒業後、伊藤忠商事㈱に入社。アパレル関連の部門で、素材、生産から小売部門まで幅広く担当。2003年にはブランドマーケティング事業部にて国内外のブランディングの仕事に携わる。海外とのやり取りを日々行う中で、日本国内の商品および文化の価値を再認識。国内の“モノづくり”文化に根差したすぐれものをより広いマーケットに広める一助となりたいと考え、2006年3月伊藤忠商事を退社。

    2006年4月に株式会社コンタンを立ち上げ、made in JAPAN商品の海外輸出、国内外のブランドのブランディング業務を行う。2010年12月、御徒町に日本の優れものを集める小売店“日本百貨店”をオープン。食・雑貨・衣料雑貨など、全国から様々なこだわりの商材を集め、作り手と使い手の出会いの場を提供。2013年7月、食の専門店、日本百貨店しょくひんかんを秋葉原に開設し、“地域の商材を都心のど真ん中で発信”する。そのテーマは一貫して、ニッポンの“モノづくり”と“スグレモノ”。作り手と使い手の出会いの場を創出し続ける。
    2016年3月、株式会社コンタンから日本百貨店事業を分割吸収し、株式会社日本百貨店を設立。2018年度の海外直営店初出店を目指す。

    著書に「日本百貨店」(飛鳥新社 2012/12)、また朝日新聞のwebサイトにてコラムも連載中。http://shop.asahi.com/eventplus/1.1/654/

    続きを読む

    コラムページ

  • デザイナー/クリエイティブディレクター

    東泉 一郎(Higashiizumi Ichiro)

    東京に生まれ、理工学を学んだのち、デザイナーに。「はじめてつくるものをつくる」ために働く。速いもの高いところ好き。
    さまざまな表現領域と、デザイン、サイエンス、エンジニアリングなどの間を翻訳・橋渡ししつつ、ものづくりやイノベーションに取り組む。
    1997年Ars Electronicaにてネットワーク部門ゴールデン・ニカを受賞した"Sensorium project"のディレクターとして、内外各地で実験的インスタレーションを行うほか、日本科学未来館「インターネット物理モデル」、2002 FIFA World Cupのための総合演出デザイン、KDDI "AU design project"コンセプトモデル、JAXA "moonbell"プロジェクトなど、ストリート・音楽・ダンス・映像などに根ざした表現から、先端的研究開発まで、大小を問わずコミュニケーションをデザインする。
    また、2014年より「文化庁メディア芸術祭」エンンターティメント部門の審査委員を務めている。

    続きを読む

    コラムページ

  • 株式会社技術評論社 クロスメディア事業部 電子出版推進室室長

    馮 富久(Fuon Tomihisa)

    1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。『Software Design』『Web Site Expert』の編集長を経て,2008年9月に設立したクロスメディア事業部に配属。オンラインメディア『gihyo.jp』や電子書籍サービス『Gihyo Digital Publishing』の立ち上げに関わり,現在に至る。

    その他,電子書籍を考える出版社の会 代表幹事や,WebSig24/7モデレーター、TechLIONプロデューサーを務める。

    過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やカラーミーショップ大賞2014、察知人間コンテスト他各賞審査員などの経験を持つ。

    続きを読む

  •  

    八幡 暁(Yahata Satoru)

    1974年東京都生れ。現在神奈川県在住。
    大学時代より海に目覚め、八丈島で素潜りをはじめる。卒業後は各地の漁師の仕事を学びながら国内外を巡る。
    旅の途中でシーカヤックと出会い、2002年から「海と共に暮らす人々は、どのように生きているのか」をテーマに、オーストラリアから日本までの多島海域を舞台にした人力航海の旅「グレートシーマンプロジェクト」をスタート。
    フィリピンー台湾海峡横断(バシー海峡)(07年)など世界初となる航海記録を複数持つ。
    2005年、身の丈+10センチをサポートする手漕屋素 潜店「ちゅらねしあ」を沖縄県は石垣島でオープン。既存の枠を越える価値を生み出し、ツアーガイドとしてもチャレンジを続ける。
    2011年から日本全国の漁村を訪問し漁師に話を聞く「海遍路」を実施中。
    2012年TBS系テレビ「情熱大陸」、2016年クレイジージャーニーに出演。
    2014年より都市生活における水辺を取り戻す活動「じゃぶじゃぶ」を開始。

    続きを読む

    コラムページ

  • RealTokyoEstate-東京R不動産-

    吉里 裕也(Yoshizato Hiroya)

    1972年京都生まれ。ディベロッパー勤務を経て、2003年「東京R不動産」2004年にSPEAC,inc.を共同で立ち上げるとともに、CIA Inc./The Brand Architect Groupにて都市施設やリテールショップのブランディングを行う。「東京R不動産」および「toolbox」「leallocal」等関連サイトのディレクション、建築・不動産の開発・再生のプロデュースやデザイン、地域再生のプランニング等を行っている。

    ゲストハウス&ダイニング「Tanga Table」(北九州)や古民家を再生した宿「端場家」(金沢)の企画・運営、地域の空き家を活用し移住を推進する「トライアルステイ」を行うとともに、山形、岩手、和歌山、鳥取、福岡などの地域では、“不動産の再生を通じてまちでの新しいビジネスを生み出しエリアを再生する実践の場”「リノベーションスクール」のユニットマスターも務めている。

    共編著書に「東京R不動産」「全国のR不動産」「だから、僕らはこの働き方を選んだ」「toolbox」「2025年建築『七つの予言』」等。カンブリア宮殿出演(2015年4月16日テレビ東京)東京都市大学非常勤講師。

    続きを読む

※五十音順で表示しています。

  • JTB パブリッシング
  • DNP
  • DNP DIGITALCOM
  • UPPER PROJECT

後援団体

  • 株式会社ANA総合研究所
  • TCVB 公益財団法人 東京観光財団

Copyright © TRAVEL × IT CONTEST. All Rights Reserved.