スペシャルコンテンツ
Special Contents

ファイナリストを選出! 一次審査レポート!

2016年7月27日(水)、日本中が「ポケモンGO」で賑わう最中、ポケストップでもあるDNP五反田ビルにて一次審査が行われました。予定時間を大幅に超過してのアツい審査風景をレポートします!
※厳密には、DNP五反田ビルにある「DNPモニュメント」がポケストップになっています。近くにはジムもありますよ。ハンターのみなさま是非お越しください。

応募期間が約1ヶ月半という短い時間でしたが、蓋を開けてみると集まったアイデア数は200弱!個人・団体含め、年齢や職業も幅広い方々からたくさんの応募をいただきました。心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

この日の審査では、集まったアイデアの中から、新規性、ビジネス性、実現性、利用者メリットなどを軸にプレゼン大会へのファイナリストを選出。前半は個人審査、後半はその集計結果をもとにディスカッションベースの審査を実施しました。

※鈴木正晴氏、八幡暁氏はこの日スケジュールが合わずご欠席ですが、別日に審査いただいております。

冒頭からコメントが飛び交い和気あいあいのムードで審査は進みました。活躍されている舞台が異なるみなさん、それぞれオリジナリティあふれる尖った視点でアイデアを吟味。早くもプレゼン大会が待ち遠しい様子が見て取れました。

「この部分をもっと聞いてみたいというアイデアがある。可能性を知りたいよね。(プレゼンを)僕らもワクワクしてる。」(馮氏:写真左)

「今まであやふやだった草の根的なつながりを、ITでより確実になる仕組みにもってくのがこれからのやり方っぽいし、リアリティがあると思う。」(東泉氏:写真右)

「見た瞬間に『いいな!』と思った。(実生活でも困った経験があるので)これがあったら便利。コンテンツ力が期待できるアイデアも気になりますね。」( JulieWatai 氏:写真左)

「荒削りだったとしてもブラッシュアップしたらきっといい作品になる。“根拠はないけどなんかいいな”というのも見逃さないようにしたい。」(吉里氏:写真右)

各方面において第一線で活躍されている審査員の方々だけに、気づくと応募アイデアをベースにアツい企画会議に発展。このまま審査員チームで1本作品ができてしまいそうな勢いでしたが、その熱はプレゼン大会当日に取っておいていただくこととして、一次審査は終了しました。大会当日は今日以上にアツく刺激的な“企画会議”が繰り広げられるかも?なので、その様子はまた後日レポートしたいと思います。

【プレゼンテーション大会(最終審査)について】
日時: 9月10日(土) 13:30~
場所: DNP市谷田町ビル(予定)
    東京都新宿区市谷田町1-14-1

※一次審査を通過したアイデアについては、別途応募代表者の方にご連絡いたします。

構成:波多野 千絵/高林 孝幸
写真:江尻 光

  • JTB パブリッシング
  • DNP
  • DNP DIGITALCOM
  • UPPER PROJECT

後援団体

  • 株式会社ANA総合研究所
  • TCVB 公益財団法人 東京観光財団

Copyright © TRAVEL × IT CONTEST. All Rights Reserved.