イカすぜ函館(東日本旅客鉄道株式会社様)プロモーション企画/コンテンツ制作

お客様の課題

JR東日本様では、北海道新幹線の利用促進を目的に、風景写真に代表されるような美しい観光地を切り取ったコミュニケーションツールによる旅行需要の喚起のみならず、インパクトのある新しいアプローチを行うことで、若者の旅行需要の掘り起こしをしたいというご要望がありました。

弊社のご提案

「思わず気になる」 2秒で伝えるコミュニケーション

企画で一番大切にしたことは、短い時間の中でインパクトを与え、人々の記憶にこびりつかせることでした。駅ナカに貼られている交通広告との接触時間はとても短く、「2秒」程度と言われています。そこで本企画では短い時間の中で伝えたいことを絞り、それを尖らせていくことを突き詰めていきました。

形となったものが「イカすぜ函館」とだけ書いてあるこのビジュアルです。イカのシルエットと「イカすぜ函館」という親父ギャク感満載なコピーワークは、見る人に「おやっ?」と思わせることに特化したデザインワークの結晶です。

加えて、函館の美しい風景や美味しそうなグルメなどをメインにしたポスターも制作し、ポスターを3枚1組にしたセット貼りをご提案しました。

函館の食や風景だけの訴求ではなく、インパクトのあるイカのビジュアルポスターをフックに「思わず気になる」ような宣伝展開を実施しました。

ポスター掲載時のイメージ

概要

メインポスター以外にも大型バナー広告、びゅう旅行商品のパンフレット、ノベルティ(うちわ)、『イカ漁師ゲンさんの1日』をテーマにした「ストーリー型広告」など、様々なツールの企画・制作を行いました。
さらにランディングページ、トレインチャンネル用映像など、デジタルコンテンツの企画制作も行い、各種ツールを組み合わせたプロモーション企画を実施しました。

びゅう旅行商品のパンフレット

オリジナルコンテンツ
『イカ漁師ゲンさんの1日』

「イカすぜ函館」ランディングページ

「イカすぜ函館」うちわ

デジタルサイネージ用映像

サービスに関するご質問・ご相談は、下記よりお問い合わせください。